さ、祭りだ!!

いよいよ有馬記念。昨年も期待したけど、今年はそれ以上の期待。もちろんキタサンブラック。昨年は菊花賞馬になってG1ホースという箔をつけてからの有馬記念。今年は天皇賞春、ジャパンカップとさらに箔をつけた印象。しかも前走のジャパンカップがデビュー以来、最も強い勝ち方だったのも箔につながっているんじゃないでしょうか。今年こそ「勝って」から「祭り」が聞けるのではないかという期待感は半端ない。でも1番人気なんでしょうね。昨年は半信半疑の所はあったけれど、今年のレース内容を見るとそんな不安は感じない。今年負けた、大阪杯や宝塚記念の内容も負けて強しだった。それでも不安が一つある。鞍上である。といっても武豊に不足があるわけではなく、鞍上の有馬記念の勝ち運のなさに少なからずの不安を感じている。武豊の有馬記念の印象はどちらかというと、そういった印象の方が強い。圧倒的な1番人気だったメジロマックイーンで挑んだレースでは、伏兵ダイユウサクに足元をすくわれる形で2着。マーベラスサンデーではシルクジャスティスに、ディープインパクトではハーツクライにだしぬけ喰らう形で苦い敗戦をたくさん経験しているんですよね。でもこれを今書いていて思ったんですが、武豊ってこういった敗戦を誰よりも糧にしているから武豊なんじゃないかと思ったりもします。北島三郎という華のある馬主さんを年度代表馬にしてあげてくださいな。さ、祭りだ!!